about 安永について

HOMEキャリアヴォイス|設計

設計

神田 敬子
2012年入社
CE事業部管理部FP生産技術グループ

入社~

その年の新入社員全員を集めた新入社員研修を経て、特機・開発Gへ配属となり設計を担当するようになりました。設計や材料の知識を学び、手描きの図面をCADに起こす練習を経験し、その後、実際に現場で使用されている機械の部品を設計するように。最初に自分ひとりで設計したブラケットは、いまでも思い出に残っています。

最初は部品単体を設計していた私も、経験を重ねていくうち2年目に入る頃には駆動部をひとつ任されるようになりました。1つの部品から駆動部を担当するようになったことに、自分の成長を実感できたことが嬉しかったです。

3年目~

3年目に入ると、新しく造る自動車部品製造の機械の主担当として設計の構想段階から丸々担当するように。先輩のサポートを受けながら、すべての設計をこなすことができました。自分の設計した機械が実際に動く瞬間を見たときは、喜びよりも先に「よかった~」と安心が先に立ちました。自分で思っていた以上に、内心プレッシャーを感じていたのかもしれません。またこの頃にはクライアント先に自分だけで打合せに行くようにもなり、相手の必要としている機械のイメージをしっかり持てるようになったことに、知識が増えたことを実感しました。

2017年からは、FP生産技術Gで検査機の設計を担当する業務に携わることにとなりました。FPとは「First Production」の略で、これまで検査したことのないものを検査する機械を製作しています。設計・ソフト・メカ・電気、各分野の人材が集い、構想段階から連携して新たなものづくりに励んでいます。

今後の抱負

まずは資格取得支援を利用して、機械・プラント製図の1級を取得したいです。そのためにも、いまの業務を通じて設計の知識をさらに高めていきたいです。

また安永は、女性管理職の育成を目的とした年に2回の女性向けのキャリアップセミナーや、介護・出産・育児といった際の復職制度もあり女性に対する制度もあるため、しっかりとキャリアを積み上げながら働いていけます。

これらの制度を有効利用しながら自らのスキルを伸ばし、機械や作業者に対しての心配りや先手を打ち良いものをつくれる設計技術者を目指しています。そのためにも、積極的に新しい知識を取り入れるように心がけ、さらなる成長を続けていきたいです。

ある日のスケジュール

8:15
始業・G内ミーティング
8:40
業務
・装置構想
・社内、客先打合せ
・メーカー、協力会社との打合せ
・設計、手配業務
・事前検証
・装置立上げ対応、実機検証
・納入対応
17:00
終業

休日の過ごし方

休日の過ごし方

実は、伊賀には隠れた美味しい飲食店が数多くあるんです。伊賀牛で有名なお肉やイタリアン、うどん、居酒屋まで。

なので食べ歩きが趣味のひとつである私は、休日を使って月に2~3度ランチをしています。自分のおすすめのお店に同期を連れて行って、一緒にご飯を食べたりも。

そんな息抜きがあるからこそ、毎日の仕事を頑張ることができると思っています。

個人情報の取り扱いについて

CAREER
キャリア採用
GRADUATES
新卒採用